スポンサーリンク
ブログ

2液型ウレタン塗料と1液型塗料、塗り方に違いはあるのか?

2018年現在、2液型のベースコートは時代遅れ。 しかし、時代遅れと言えども2液が主流だった時代があるからこそ、今の1液が生まれ、水性
塗装

新車に塗られている静電塗装とは?一般的な塗装との違いについて

静電塗装とは、塗料粒子に高電圧の邢電気(-)をさせ、被塗装物の車を(+)にして、電気的にで吸着させて塗装する方法です。 塗料の粒子は互いに
DIY塗装

車のアンダーコートとは?缶スプレーでも簡単に出来る!錆びる前に塗装しよう

車の錆の多くは塩害によるものです。 凍結防止剤の塩化カルシウムや、海水による潮風などが影響してボディが錆びてしまいます。 錆が進行すれば
DIY塗装

ウレタンクリアの塗り方!剥がれないための塗り方や傷の補修にも

ども。板金塗装屋さんです。 缶スプレーを使ったウレタンクリアの塗装方法についてかいせつしていきますね。 ウレタンクリアとは? 缶スプレータ
ブログ

車のエアコンが臭いのはフィルターが原因!フィルターの交換方法と臭くならないためにやるべきこと

エアコンの異臭は突然やってくるものです。 芳香剤などでごまかしても、異臭と芳香剤の匂いが合わされば、独特の嫌な臭いに変わってしまいます。
ブログ

夏場に熱くなる車内の温度を簡単に下げる5つの対策。車を降りる前にやっておこう

炎天下の中、車に乗り込もうと思っても暑すぎてすぐには運転できませんよね。 ハンドルも触れないほど暑くなっていますし、シートが皮であれば火傷
洗車

車で海へ行った帰りには洗車をしよう!下回りが錆びない洗い方とは?

暑い夏の休日と言えば海! 仲間を集めてみんなでバーベキューするもよし、恋人とデートに行くもよし、一人でのんびりドライブするのも楽しいですよ
DIY塗装

海に行くならアンダーコートは必須!車の錆は思わぬところから発生します

海沿いの地域に住んでいなくても、月に数回海へ行けば潮風によって車は錆び始めてしまいます。 帰り道に洗車をしても、下回りまで綺麗に洗えている
ブログ

【熊谷で過去最高の41.1℃を記録!!】炎天下では車内の温度が60℃以上にも。最も速く室内の温度を下げる方法!

真夏の炎天下で車内は60℃以上になり、すぐに乗り込める状態ではありませんよね。 屋根やボンネットは80℃以上にもなっていますから、目玉焼き
DIY塗装

真夏の暑い日でも缶スプレーで綺麗に塗装する方法

夏は気温が高く塗料の乾燥が非常に速いため、塗装に適した環境とは言えません。 夏用のシンナーを使って乾燥を遅らせる方法が一般的ですが、缶スプ