車の板金屋になるためには学校へ行かなければならないのか?

車の板金屋になるためには学校へ行かなければならないのか?

自動車整備士などの自動車修理に携わる仕事に就く場合、ほとんどの人が専門学校へ行き資格を取得、卒業後にそのまま就職という流れが一般的でしょう。

しかし板金塗装は、従業員である以上、資格の有無は一切関係ありません。

運転免許さえ持っていれば誰でも入れると言っても良いでしょう。

しかし、板金業界も板金塗装だけで食べていくというのは難しくなってきている世の中、ある程度の資格や技術を持っていた方が良いでしょう。

せめて整備士資格

板金を始めるにあたり、資格などで必要になる資格は一切ありませんが、一級金属塗装技能士というものがあります。

金属に塗装を行うプロフェッショナルとして国が認めた資格ですが、塗装屋のほとんどはこの資格を持っていません。

やはり職人気質の残るこの業界は、資格よりも技術が優先されることが多いため、あれば良い程度の資格でしかないでしょう。

しかし現在のこの業界は、塗装ができるというだけでは食べていくには厳しいものがあります。

塗装だけではなく、板金と塗装の両方が出来て車一台を一人で直せるようになる。

ですが、それだけで仕事が集まるかと言えばノーです。

自動ブレーキや少子化の影響による自動車販売の不振などにより、事故の台数が減ってきています。

この状況のなかで板金塗装だけで食べていくというのは、それこそお先真っ暗と言うしかないでしょう。

板金塗装だけではなく、整備も行い、検査員として車検も行えるようになるなど、多彩なスキルがあれば、どのような工場からもオファーが来るほどの有能な人物となれます。

板金塗装工場でも、車検を行い、車の販売まで行う会社もどんどん増えてきています。

経営者からすると、従業員に持っていてほしい資格は「整備士資格」ということも珍しくありません。

条件さえ揃えば、整備の認証が取れる鈑金工場もたくさんありますから、整備士の需要は少なくないでしょう。

この先板金屋さんになって活躍するためには、整備士資格を持っているだけで絶対に損をすることはない資格だと断言できます。

整備士の資格は基準に準ずる会社で働いている実務経験があれば誰でも取得できます。

ガソリンスタンドなどでも良いですし、整備の出来る板金工場でも良いでしょう。

もし本当に板金屋を目指すのであれば、将来のことを見据えて整備士資格を取得することを前提に考えておきましょう

独立を視野に入れた板金屋への就職

正直、板金塗装屋さんは中卒でも出来ます。

小さな板金工場であれば、そのほとんどは学歴不問ですから、免許など無くても安月給でも良いのならすぐに働き始められます。

しかし、ただ車が好きだからと言う理由では長続きはしないでしょう。

自分の好きな車や興味のあるジャンルの車を直せることはまずあり得ません。

そういった方面の専門ショップで経験を積むか、独立して自分の好きなことをやるかという選択肢しかないのです。

今は高齢化社会ですから、事故を起こすほとんどの人は高齢です。

この高齢者がドリフトするような車に乗っているわけもなく、ローライダーのように車を跳ねさせるわけもありません。

ドノーマルの軽自動車を直すことが大半で、ただ誰かの車を直していく毎日です。

これでは車に興味が無くなるのも無理もありません。

従業員として働いている以上、入ってきた仕事を拒否するわけにもいきませんから、ひたすらこなしていく毎日。

車に興味が無くなってしまいそうですよね。

そういう僕も車に興味が無くなった一人なんです。

再燃しましたが。

板金屋も美容師と同じように独立しなければ薄給

ディーラーの整備士ほどではありませんが、板金屋の給料は安いです。

美容師も資格を取るために学校へ行き、就職しても夜遅くまでサービス残業のように修行を続けなければなりません。

さらに修行にかかる費用はほとんどが実費。

これでは一人前になる前に心が折れてしまうでしょう。

だからこそ、独立に向けてはじめから準備をしておかなければならないのです。

板金だけではなく塗装も。

塗装だけではなく板金も。

両方できてさらには販売と整備も。

こうなれば会社に勤めていなくても自分から仕事を取ってこれますよね?

車が売れるということは、あなたを信頼して買ってくれているのですから、その時点で営業は完了しています。

引き続き営業を行うと同時に、他のユーザーにもアタックし続けていけば木の枝のように無数に広がっていくでしょう。

常に先を見て仕事をし、他の人と同じようにスキルを磨いていくのではなく、他の人がやっていないジャンルへ手を伸ばすことであなたの存在価値は大きく跳ね上がります。

板金や塗装だけではなく、スキルを横展開して可能性を無限に広めていきましょう。