【DIYに挑戦】コーティングやワックスがけの下地処理は難しいのか?コンパウンドと脱脂で誰でも出来る!

【DIYに挑戦】コーティングやワックスがけの下地処理は難しいのか?コンパウンドと脱脂で誰でも出来る!
洗車をしてワックスを掛けても、正しい下地処理をしなければワックスの効果は長持ちしません。
なにもせずにそのままワックスをかけた場合と、下地処理をしっかりと行ってからワックスをかけた場合の艶も明らかに違ってきます。
下地処理を行えばワックスの効果は長持ちし、さらにその艶も見違えるほどになるのです。

なぜ下地処理をしなければならないのか?

例えば、洗車をして拭き上げてワックスを塗る。
これだけの工程では塗装表面に必要の無い不純物が混じっています。

傷であったり鉄粉であったり。
不純物があれば光の反射がランダムになってしまい、その結果、本来のワックスの艶が発揮出来ないのです。

洗車傷が良い例で、手洗いであっても繰り返し洗車し続けることで傷が発生します。
何度も何度も繰り返していれば艶も無くなり、その艶を元に戻すためにワックスを塗る。

このワックスは傷に入り込んでいるだけですから、ワックスの効果が弱まればまたすぐに以前の艶の無い状態へ戻ってしまう。
これを防ぐために、コンパウンドを使って磨いていきましょう。という話です。

下地処理に使うコンパウンドは超微粒子クラスの物で良い

粗いコンパウンドを使ってしまえば、その磨き傷を消すためにもう一度細かい番手のコンパウンドで磨き直さなければなりません。

粗いコンパウンドを使う局面は、塗装後の肌調整やコンパウンドの目消しとして使うものです。

コンパウンドは超微粒子をチョイスし、ここでワックスやシリコン入りのコンパウンドは絶対に使わないでください。

ワックス入りのコンパウンドは基本的にワックスの性能は悪いです。

このワックスの上から高性能のワックスを塗っても、すぐに剥がれ落ちてしまうワックスですから上塗りしたものもすぐに落ちてしまいます。

コンパウンドが決まれば次はその手順。

洗車をし、拭き上げ、超微粒子コンパウンドで磨く。
ここでポリッシャーとスポンジバフがあれば、磨きの時間も減り磨き面も綺麗に仕上がりますから、オススメはポリッシャーです。

そしてオススメメーカーはリョウビです。

さて、手で磨いて行っても良いですが、力を入れすぎず指ではなく手のひらで磨いていくようにしましょう。

指先で磨くと一点に力が入りすぎてしまい、傷の原因になります。
必ず力を分散させるように磨いて行きましょう。

下地処理のコンパウンド磨きが終われば次は脱脂工程

手の油やコンパウンドの油分が塗装面に残っていますので、ワックスを塗る前は必ず脱脂をしてください。
もちろん洗車をするのも1つの手ですが、洗車の必要性はそこまで高くなく、そのままでも十分に綺麗な施工ができます。
脱脂に使う溶剤は「シリコンオフ」。

  • シリコンオフ
    • ワックスオフ
    • プレソルベント
    どの製品を使っても性能に違いはありませんので、どの製品でも良いです。
    カー用品店に売っているスプレータイプでも、ホームセンターに売ってる液体でも好きなものを使ってください。
    ウエスにシリコンオフを染み込ませ、全体的に念入りに脱脂していきます。
    念のため2周ほど回って脱脂するとより効果的です。
    ここまで来れば後はワックスを掛けていくだけです。
    固形タイプでも液体タイプでも、ガラスコーティングでも好きなものを選択してください。

    コーティングなどの上塗りは、下地が全てです。
    塗装も同じように、下地が悪ければすぐに剥がれてしまいますから、いかに下地処理が重要なのかということ。

    しっかりと念入りに下地処理を行いましょう。