【プロも愛用】塗装前の足付けにスーパーアシレックスペーパーを使ってみよう!

【プロも愛用】塗装前の足付けにスーパーアシレックスペーパーを使ってみよう!

足付けにはスコッチブライトや耐水ペーパーなど、様々なものが使われています。

スーパーアシレックスは水を使用しない足付けペーパーで、誰でも簡単に足付け作業を行うことが出来ます。

また、足付けだけではなく、塗装後のゴミ取りやサーフェーサー周りの軽いペーパー当てなどにも使用されていますので、足付けだけではなくいろいろな場面で活躍している万能ペーパーです。

 

スーパーアシレックスとは?

コバックス社が提供する、足付け専用ペーパーです。

主に塗装用のペーパー類での評価が突出して高く、工作機械の粉体塗装や自動車補修の現場でも活躍しています。

スーパーアシレックス(以下アシレックス)が人気である理由として「長持ちする」ことが大きな理由のひとつに挙げられます。

 

長持ちするということはいつまでも切れ続けるため、作業性も高く、コスト面の経費削減にも大きな効果を発揮します。

また、全てのアシレックスはマジックテープ式となっており、取り外しも容易に行うことが可能です。

エアーツールに装着する丸型タイプは大面積に適しており、細部の足付けには長方形のアシレックスといった、用途別に分けられているのも大きな利点と言えるでしょう。

 

アシレックスの種類と使用方法

#120~#1500までの12種類存在し、丸型、長方形どちらも取り揃えています。

自動車の補修において使用される頻度の高いものは順に

1, #500
2, #360
3, #1200
4, #600
5, #800

 

おおよそこのあたりを使用することが多く、特に1,2,3あたりの主要なアシレックスは、塗装屋さんであれば毎日使っていることでしょう。

サーフェーサー周りの足付けには #500、全体の足付けには #1200 と使い分けることで、その後の塗装作業でペーパー目も出にくくなりますので、格段に作業が楽になります。

2液タイプの塗料を使うのであれば、#360のアシレックスで全体的にダブルアクションでペーパーを当て、細かいところは手作業で当てていくだけです。

 

仮に軽自動車の全塗装の足付けを行う場合、10枚以下のペーパーで足りてしまいますから、これまでの3M製品などと比べても明らかに寿命は長くなっています。

ドアなどのパネルの足付けにはアシレックスが1枚あれば充分なほどペーパー寿命も長く、ペーパーに粉が絡んでも、叩いたりエアーで払ったりなどして表面の粉を落とすだけで従来の性能が復活します。

本来であれば水を使って隅々まで塗装の足付けを行いますが、アシレックスは水を使わないためドアの内側などに水が入り込む心配もなく、エアブローするだけで表面の粉が飛んでいくでしょう。

 

ドアの水抜き穴から水が流れてくることもなく、穴を塞ぐ必要もありません。

パテ研ぎ工程から塗装まで、一切水を使わずに進めていけるのは大きなメリットではないでしょうか。

 

アシレックス専用のパッドがある

長方形タイプのアシレックスは入り組んだ箇所や細かな作業に使用する場合が大半ですが、アシレックス単体で作業を行うにはペーパーが柔らかすぎます。

アシレックスはフニャフニャと柔らかい材質が特徴ですので、専用のパッドを使用することで更に作業性が向上します。

パッドへの脱着も容易ですし、ほどよい硬さでまさに痒いところへ手が届くのがこの専用パッドです。

 

丸型アシレックスはエアーツールに専用パッドを装着して使用することが大半ですので、エアーツールを所有されている方は広範囲に適した丸型アシレックスを使用しましょう。

長方形タイプでもパッドを使用することで中範囲程度までの作業にはオススメです。