中古車を安く買いたいなら、綺麗な中古車を選んではいけない

中古車を安く買いたいなら、綺麗な中古車を選んではいけない
あなたが車探しを行う時、どのような点を重視して車を探しているでしょうか。
外観なのか走行距離なのか。
はたまた価格なのか。
安くて良い車を探したいと考えるのは当然のこと。
「良い」と言う基準は人それぞれですが、その「人それぞれ」に合わせた車選びをしていけば、必ず自分好みの車に出会えるでしょう。
中古車とはどのようにして価格が決められているのか。
また、自分好みの車を探すために、どのようにして探せば最も効率良く自分好みの車を見付けられるのか。
このあたりについてお話していきたいと思います。

中古車価格の決まり方

車に限らず、どのような品物でも同じですが、仕入れと売り値の差額によって利益が発生します。
10万円で仕入れて25万で売れば15万円分の利益が出ます。
ここから人件費などの経費を差し引いて最終的な利益が確定するわけですが、車によって上乗せ価格は変わってくるのです。
例えば軽自動車は一般的に10万円ほどの利益があると言われており、コンパクトカーになれば15万円ほど。
車が高級になればなるほどその利益は大きくなっていきます。
外車。と言っても超高級車からリーズナブルな車まで多種多様な外車がありますが、比較的新しい外車の場合、利益はおよそ100万前後。
さてここまで利益のお話をしてきましたが、ほとんどの中古車の販売価格には整備などの費用が含まれています。
オイルや部品を交換しました。
ヘコみを直しました。
塗装の艶が無くなっていたので磨きました。
これらが上乗せされた価格で店頭に並んでいるわけです。
整備に関してはやっておいた方が良いですが、外観に関しては個人差がありますり
この外観にかけるお金を過ごしでも安くして、費用を浮かせるという考え方をすることで、購入費用は抑えられるのです。
塗装がボロボロの車をチョイスする
人は先入観から、外装がボロボロならすぐに壊れると思いがちですが、そんなことはありません。
車が走るために整備は必要不可欠ですが、外装はどれだけ錆びていても走る分には全く問題ありませんから。
錆びてしまえば雨漏りをする場合もありますが、雨漏りしたからと言って事故を起こすわけでもありませんし、突然止まることもありません。
錆による穴の事例は極端ですが、塗装が剥がれていたり艶が無くなっていたり。
どの程度まで許容できるかと言うのは個人の価値観によるものですから、人によっては綺麗にしなくても良いから安くしてほしいという人もいます。
はじめから塗装がヤレている中古車であれば、直してほしい箇所、直さなくて良い箇所、さらにはどの程度まで綺麗に直すのかなど、自分の基準で細かく決められますよね。
パッと見だけ綺麗になっていれば良いと言うのであれば、簡単に修理だけをしてもらい、その差額分で整備費用にも宛てられますし、本体価格の値引きもできます。
店頭に並んでいる段階ですぐに納車できる状態の車は、このような値引き交渉ができないため、損をしている可能性も捨てきれないのです。
しかし店頭に並んでいるほとんどの車は、綺麗な状態で並んでいます。
外観がボロボロの車を探すにも何件も回らなければなりませんし、非常に手間がかかるものです。
そこで活用するべき手段は。

オークションから車を仕入れてもらう

オークションから車を仕入れる最大のメリットは、すべての条件にマッチした車を探し出せることです。
車種、年式、走行距離、色、価格など、わざわざ自分で探し出さなくても良いのです。
馴染みの車屋さんがあればお店にお願いしても良いですし、はじめてのお客さんでも気軽に対応してくれると思います。
その場でおおよその概算見積りをもらえますし、条件が厳しい場合には一緒に妥協案も考えてくれます。
その車はその値段じゃ厳しいけど、似たような車でこの車ならいけそうです。と言うように、様々な案を出してくれます。
そしてもう一つ、オークションから来る車のほとんどは塗装がボロボロです。
ボロボロと言っても程度は様々ですが、その程度も打ち合わせのうえ決めていけば良いでしょう。
いざ車が到着し、整備や塗装に入る前に担当者と相談してどのような具合で進めていくのかを相談していきます。
オークション経由で仕入れることを嫌がられると思いがちですが、業者はオークションから仕入れることがほとんどですので、あまり気にしなくて良いと思いますよ。
ただ在庫を処分したいだけですから。