10万円の全塗装に価値はあるのか?仕上がりが悪く劣化していく?

10万円の全塗装に価値はあるのか?仕上がりが悪く劣化していく?
全塗装の費用をなるべく安くしたいという気持ちは誰にでもあります。
本来であれば30万円〜40万円が相場のところ、たまたま見付けたお店では10万円で全塗装してくれると。
やはり全塗装は安かろう悪かろうなのでしょうか?
品質に関しては諦めるしかない
例えば、3,000万円の新築住宅を1,000万円で買うことは不可能ですが、自分で建てれば1,000万円とは言わず、数百万円で家が建つでしょう。
しかし実際に建てた本人はプロではなく、DIYで家を建てて要るのですから、チリが合わなかったり多少斜めになったりなど、様々な不具合が出てくることもあります。
これは車の塗装でも同じように、自分で塗装すれば安く済むけど、綺麗に塗れない。
全く同じことなのです。
住宅でも安すぎる家には不安がありますから、全塗装でもどこかで手を抜かなければ採算が合わなくなってしまいます。
例えば安くする代わりに磨きは行わず、塗装ゴミが付いていてもそのまま。
内側などの隠れる部分は塗装せずに外から見えるところだけ塗装するなど、綺麗な仕上がりを期待することは出来ないのです。
僕自身も板金塗装屋さんとして働いていますが、安く全塗装する時には必要最低限のレベルでしか塗装しません。
ヘコみなどはもちろん直さず、外周をササッと足付けしてマスキングして、はい塗装。
これだけで終わり。
いや、終わらせなければいけないのです。
バンパー1本の塗装相場が3万円ですから、10万円で全塗装をするというのは、暴論に近いものがあります。
バンパー2本で6万円。
サイドステップも一緒に塗って9万円。
ミラーもついでに塗装して10万円。
これが一般的な塗装の相場です。
これを10万円で全塗装してくださいと言われているのですから、結果は考えるまでもありませんよね。
塗料の品質は変わらない
塗装の品質と言いますか、塗られた塗料自体の品質は1万でも10万でも100万でも変わりません。
足付けなどの下処理も変わりませんから、剥がれることはありませんし、塗装が劣化してくることもありません。
勘違いしてはいけないのが、磨きを行わなければ本来の艶が出なく、塗装面の肌がツルッとしていない状態です。
もしかするとガサガサな部分があるかもしれませんので、コーティングを施工してもしっかりと乗らずに、綺麗な塗装を維持できないと言うことだけは覚えておいてください。
どんな塗装でも手入れをしなければ劣化していきますし、塗装の状態が悪ければ手入れのしようがありません。
ガサガサな塗装の上へコーティングをしても、塗装面がデコボコしているため、コーティングの保ちが極端に悪くなります。
ガサガサ塗装の頂点は「△」のように尖っていますから、先端部分にコーティングをしてもすぐに剥がれてしまいます。
安い全塗装は、塗料自体に問題は無くても長い目で見た場合、塗装を綺麗に維持していくのは難しいと言えるでしょう。
心配なら全塗装しないのがベスト
twitterなどのSNSでもたびたび見掛けますが、安く塗装してもらったのにも関わらず、品質に文句を言って写真をアップする人がいます。
もちろんこのようなツイートには総スカンと言えるほどの叩かれっぷりですが、安く塗装したのだから仕方ないと割り切らなくてはいけないのです。
この記事の最初にもお話しましたが、家を安く建てるには自分で建てるか欠陥住宅を作ってもらうかのどちらかです。
欠陥住宅に住むくらいなら家を建てないという考えがほとんどですから、全塗装においても同じことが言えます。
基本的に商売と言うのは、正規の料金を支払わなければお客さんではありません。
世間一般ではクレーマーとして扱われています。
綺麗に安く仕事をするなんて不可能なのです。
できることなら2度と来てほしくありませんし、かかわらないでほしいと言うのが商売人としての本音でしょう。
若い人が困っているから、仕方なく安く請け負ったにも関わらず、陰でグチグチ言われれば誰だって良い気はしないものです。
安い全塗装は、諦めの心を持つしかないのです。
しっかりとお金を貯めて満足のいく仕上がりを求められるようになれば、お互いにwin winの関係で全塗装してもらえますから。
とにかく、安い全塗装はしない方が良い。オススメはしません。