車の塗装における、ホワイトとパールホワイトの違いとは?なぜパールホワイトは高いの?

車の塗装における、ホワイトとパールホワイトの違いとは?なぜパールホワイトは高いの?

車選びで大切なポイントの1つに、色があります。

 

黒やシルバー、青や赤など様々な色がありますが、メジャーな色でありながらも人気なのが白色です。

 

この白色ですが、遠目に見てもパールホワイトとただのホワイトの区別は付きません。

 

そもそもホワイトとパールホワイトは何が違うのでしょうか?

 

 

パールホワイトはキラキラしていて、ホワイトはキラキラしていない

 

暗いところで見てもその違いは分かりませんが、直射日光などの強い光が当たればキラキラとして見えます。

 

ボンネットの角やトランクの角など、角度の付いた部分に目をやるとキラキラしているのが分かるでしょう。

 

パールホワイトにはその名前の通り、ホワイトとパールが塗装されています。

 

 

このパールにキラキラとさせる役割があるため、光が当たると綺麗に光って見えるのです。

 

ひと昔前までは、パールホワイトと言えば一部の高級車のみにしか採用されていませんでしたが、今ではほとんどの車に採用されています。

 

軽自動車だからただのホワイトではなく、高級感のあるパールホワイトである車種が大半ですから、白を選べばまず間違いなくパールホワイトとなるでしょう。

 

 

ではその大半から外れている、ただのホワイトのみの車と言えば?

 

軽トラックや商用車など、一部の車のみです。

 

仕事用に使われることの多い車で、コスト削減のためにホワイトのみの塗装として販売されています。

 

 

車種によっては、商用車用として販売されているグレードが用意されている車もあります。

 

3代目のプリウスなどが良い例ですが、簡易的な装備のプリウスはただのホワイトで、大衆向けに作られたプリウスはバールホワイトの設定になっています。

 

このような例はあまり見られることはありませんので、カタログなどを見て間違いのないように車種と色を選んでいきましょう。

 

 

さて、ホワイトとパールホワイトの違いを簡単に説明しましたが、新車のオプションでよく見られるパールホワイト。

 

オプション料金として、プラス3万円や5万円となってしまいます。

 

なぜパールホワイトでは価格が上がってしまうのでしょう?

 

 

パールホワイトは、使う塗料と塗装の回数が多い

 

商用車向けに塗装されているホワイトは、白一色のみを塗装しているだけです。

 

しかしパールホワイトは、

 

  1. ホワイト
  2. パール
  3. クリアコート

 

このように、塗装だけで3層も塗られているのです。

 

シルバーなどでも2層の塗装ですから、パールホワイトが高くなるにもちゃんとした理由があるのです。

 

さらに塗装は乾くまでに時間が掛かってしまいますから、立て続けに3層連続で塗装できるというわけでもありません。

 

 

白を塗装して乾いた上にパールを乗せる。

 

パールが乾いた上に透明なクリアコートを塗装することで、キラキラ感や艶などをアップさせる。

 

必ず乾燥時間がありますから、1台塗装するにも時間がかかってしまうのです。

 

 

もし仮に立て続けに塗装したとすれば、ホワイトの中にパールが沈み、キラキラしなくなってしまいます。

 

沈んだままクリアコートを塗装すれば、クリアコートとパール、白がぐちゃぐちゃに混ざり合ってしまい、綺麗な塗装ではなくなってしまうでしょう。

 

必ず時間を置き、乾燥させて塗装しなければならない。

 

使う塗料も多く、材料費が多く掛かるため、パールホワイトはオプション料金として余分に費用が掛かってしまうのです。

 

 

パールホワイトは修理費用も高くなる

 

事故などでぶつけてしまった場合、必ずもう一度同じ色を塗装します。

 

塗装に手間が掛かるのですから、板金塗装屋さんも同じように手間をかけて塗装することになります。

 

手間がかかればその分塗装費用も多くかかってしまいますから、必然と修理費用も高くなってしまうのです。

 

 

直す箇所が多ければ多いほど、費用が高くなりますので、その点だけは購入前に覚悟しておかなければなりません。

 

ではどれほど高くなるのかと言えば、仮にただのホワイトを「1」とした場合

 

  • ホワイト1倍
  • シルバー1.4倍
  • パールホワイト1.7倍

 

これだけ塗装料金が変わってくるのです。

 

もし、全塗装をするとして、ホワイトの費用が30万円と見積もられたとしましょう。

 

シルバーなら42万円。

 

パールホワイトなら51万円です。

 

 

これらの倍率は保険修理の価格になりますから、正規の料金ではありますが、現金での修理となれば少しくらいの費用は抑えてくれるかもしれません。

 

とは言ってもホワイトと同じ価格で修理するのはまず不可能ですから、多少なりとも高くなると言うのは覚えておいてください。

パールホワイトは保険料も高くなる

 

塗装費用が高ければ修理費用も高くなりますから、必然と保険料も高くなってしまいます。

 

高くなると言っても月々数百円程度ですが、年間にすれば数千円。

 

 

車種の大きさなどによっても保険料は変わりますから、一概に価格を決めることは出来ませんが、年間で1万円上がることは無いと考えてください。

 

極端に高くなるのではなく、あくまでも若干高い程度ですから、保険料よりも実際の修理費用を目の当たりにした時の方が精神的なダメージは大きいと思います。

 

これまでパールホワイトの解説をしてきましたが、全てにおいて値段が高いということが分かりましたね。

 

しかしなぜこの高い塗装がユーザーに人気があるのでしょう?

 

 

人は、目の前の維持費よりも綺麗な物を好む傾向にある

 

パールホワイトは塗装費用は高いですが、艶などの綺麗さを維持するのは比較的簡単です。

 

傷が目立ちにくいため、洗車機を使ってもいつまでも綺麗に見えます。

 

 

これが黒であれば傷が目立ちやすく、何度も洗車機を使えば傷だらけになってしまって新車の輝きはすぐに無くなってしまうでしょう。

 

しかしそれでも黒は人気なのです。

 

綺麗にした時の輝きが最も綺麗で、濃い色独特のヌメッとした艶が出てくるのも魅力的です。

 

 

手入れは大変だけど、綺麗だから欲しい。

 

パールホワイトも同じように、少し高いけど綺麗だから欲しいと言うユーザーが多いのです。

 

パールホワイトは、ぶつけなければ高い塗装費用はかかりません。

 

 

ホワイトは安い塗装費用ですが、保護をするクリア塗装がされていない車種が多いため、艶の維持が大変です。

 

 

ホワイトとパール、どちらも一長一短。

 

あなたの好きな方を選びましょう。