【プロのやり方】ホワイト系の車でも洗車傷は付く!傷の消し方とそのテクニック

【プロのやり方】ホワイト系の車でも洗車傷は付く!傷の消し方とそのテクニック

黒い色の車は傷が目立ちやすいと言うのは有名ですが、白も見えにくいだけでしっかりと見れば傷にはなっています。

 

黒でも白でも同じように傷がついていますから、白い車でも傷が付いてしまえば艶は無くなり、新車のような輝きも無くなってしまいます。

 

新車のような輝きを取り戻すには、どうすれば良いのか?

 

 

プロはどのように車を磨いているのか?

 

このあたりについて詳しくお話していきます。

 

 

ポリッシャーを使って磨く

 

これが王道であり、塗装以外の解決方法では1番良い方法です。

 

ただ磨いても綺麗にはなりませんから、必ず順序を守って正しい方法で磨いていかなくてはなりません。

 

ポリッシャーはリョウビなどの一流メーカーであればまず間違いないでしょう。

 

 

ウールバフとスポンジバフを用意し、コンパウンドも3種類ほど用意します。

 

細目、微粒子、超微粒子あたりをチョイスすれば間違いないと思います。

 

細目のワンランク上に、中目と呼ばれる粗めのコンパウンドがありますが、塗装の状態によって使う場合もありますので、細目で洗車傷が消えなければ、中目を使うのもありです。

 

 

細目でも磨き続ければ洗車傷くらいなら消えていきますが、なにせ時間がかかる。

 

さらに同じ箇所を磨き続けることで、塗装に熱が発生してえぐれてしまうことも考えられます。

 

慣れている人なら失敗することはほとんどありませんが、慣れていない頃は加減が分からず無茶をしてしまいがちです。

 

コンパウンドを使っても傷の消え方がイマイチだと感じたら、無理をせずに中目のコンパウンドへ切り替えましょう。

 

 

使うバフは2種類だけ

 

バフとは、ポリッシャーの先端に付けるスポンジのようなものです。

 

ウールバフと呼ばれる少し粗めバフ。

 

仕上げ用に使う柔らかいスポンジバフ。

 

 

この2種類だけあれば車の傷は消えてしまいます。

 

食器洗いでも頑固な汚れには目の粗いスポンジを使いますし、簡単な汚れには柔らかい材質のものを使います。

 

これは車の傷消しでも同じなので、傷の状態に応じて使い分けていく必要があります。

 

また、使うコンパウンドによってもバフを変えていきましょう。

 

 

中目や細目のコンパウンドを使う場合はウールバフを使い、微粒子や超微粒子などの細かい目のコンパウンドを使う場合にはスポンジバフを。

 

ウールバフを使っているにも関わらず、細かいコンパウンドを使ってしまってはなんの意味もありません。

 

コンパウンドよりもバフの方が粗いため、全く削れることなく傷だけが残ってしまいます。

 

 

反対に粗いコンパウンドでスポンジバフを使えば、せっかくの粗いコンパウンドをスポンジで吸収してしまい、本来の切れ味が無くなってしまいます。

 

いつまで経っても傷は消えず、余計に傷だらけになるだけですから、コンパウンドとバフの相性を理解したうえで正しく使っていきましょう。

 

 

バフのコンパウンド汚れには濡れたタオル

 

板金塗装屋さんなどの磨きを専門的にやっている人たちでも、あまり知られていない裏ワザ的な方法です。

 

磨きのプロや一般的に紹介されているバフの掃除方法は、エアブローや水洗いなどをオススメしていますがあまりDIY向けではありません。

 

しかし、コンプレッサーが無ければエアーを作り出すことが出来ませんし、バフを水洗いしてしまえば乾くまでしっかりと干さなければならなくなってしまいます。

 

 

バフが濡れたままでは、水が界面活性剤の役割を果たしてしまい、ほとんど削れていきません。

 

それどころか、傷に水分が入り込んで綺麗になったかのように錯覚してしまうこともあり得ます。

 

濡れたバフを使うメリットは一切ありませんから、バフを水洗いするのは全ての作業が終わった後の掃除と考えてください。

 

 

ではなぜ濡れたタオルが良いのか。

 

ビシャビシャのままではいけませんので、しっかりと絞って使いましょう。

 

ポリッシャーを回転させたまま、絞ったタオルを押し当てタオルにコンパウンドを絡みつけていきます。

 

 

もしも乾いたタオルを押し当てれば、ただ熱が発生するだけでバフに付いたコンパウンドはほとんど綺麗になりません。

 

濡れたタオルの繊維にコンパウンドが絡みつき、さらにその水分がコンパウンドに浸透することで柔らかくなり、タオルに染み込んでいきます。

 

タオルではなくとも、雑巾やいらないTシャツなどでも同じように使えますので、捨てても良いような物を使うと良いでしょう。

 

 

エアーの力でコンパウンドを飛ばそうとすると、全てが取り切れず表面に固まったまま残ってしまいます。

 

これを取り除くには鉄板の切れ端などを使ってバフに押し当てていきますが、これではバフがボロボロになってしまい、バフの寿命が極端に短くなります。

 

それでもこの濡れたタオルを押し当てる方法を知らない磨きのプロたちは、未だにバフをボロボロにしてしまう方法を選んでいます。

 

 

アナログすぎるやり方ですが、今のところこれ以上に良い方法は見つかっていません。

 

もっと広まって欲しいとさえ感じていますが、なかなか広まらないものですね。

 

もし誰かにバフの掃除の仕方を聞かれた時は、この方法を伝えてもらえると幸いです。

 

 

SNS共有ボタンもありますから、そちらで拡散していただくのも嬉しい限りです。