車の全塗装を自分でやったけど失敗した!やり直しをプロに依頼するといくらになる?

車の全塗装を自分でやったけど失敗した!やり直しをプロに依頼するといくらになる?

およそ50万!!

あくまでも参考価格ですが、なぜ50万円という価格になるのか、塗装歴15年目の鈑金屋さんが噛み砕いて解説していきます。

そもそも塗装の失敗と言っても様々なものがありますよね。

  • 塗装が剥がれてしまった
  • 塗装がガザガサになっている
  • 艶がない
  • 見るからにムラだらけ
  • 塗料が垂れている
  • ゴミが多い
  • ガラスに塗料が付着している
  • よくわからないけどなんか変

パッと思いつくだけでもこれだけ出てきましたが、最後の「よくわからないけどなんか変」というのは、原因がわかっていない場合の例えです。

これらをプロにリカバリーしてもらう場合、およそいくらになるのかを検証していきます。

なお、本来の全塗装費用は30万円と仮定して読んでください。

塗装が剥がれてしまった

これが冒頭にある、50万円程度になってしまいます。

そもそもなぜ20万円もプラスされた料金になるのか?

  • 剥がれた原因を追求するために必要な時間
  • このまま塗装してしまえば剥がれるかもしれないから、剥がれていない箇所も手を加えなければいけない

これらを加味したうえで発生する料金が、プラス20万円程度ということになります。

リカバリーは修理のようなものですので、新品部品のように全て同じ物、同じ塗り方が出来るわけではありません。

状況に応じたやり方で費用も変わってきます。

塗装がガサガサになっている

基本的には磨けば綺麗になります。

この磨き作業が非常に大変で、1日磨き続けても終わらないでしょう。

費用は10万円程度。

しかし、ガサガサがクリヤーではなくカラーベースが影響してガサガサになっている場合、磨き作業では解決できないこともあります。

ガサガサという現象は、塗料が高く(凸状)になっているために発生するもので、磨いていくうちにカラーベースの凸部が顔を出してしまう恐れもあります。

こうなってしまえば改めて塗装し直しになりますので、本来の適正価格30万円ほどの料金になるでしょう。

艶がない

これもほぼ同じ現象で、磨いていけば綺麗になります。

缶スプレーを使用して自宅で全塗装したけど、ポリッシャーなどの磨く機械を持っていない場合には業者に依頼するしかありませんよね。

全てのパネルに艶が無いのか、それとも一部分だけ艶が無いのかによっても料金は変わってきます。

全体の磨きで10万円程度。

パネル1枚で2万円程度。

ヘッドライト磨き亭との面積であれば1万円も払えば磨けますが、1万円の仕事を受けてくれる鈑金屋さんは少ないですので、根気よく探しましょう。

見るからにムラだらけ

この場合、全体的にもう一度色を塗り直すので、50万円という高額ではなく本来の30万円程度で塗装できるでしょう。

塗料が垂れていたり肌が悪い(ガサガサ)箇所が多ければ費用も上乗せされます。

塗料が垂れている

磨けばある程度は直りますが、絶対に綺麗にはなりません。

垂れを直すためにはカッターなどで削ってペーパーを使い、ポリッシャーで磨いていきます。

可能な限りフラットに戻したとしても、一部分だけが鏡面仕上げのようにツルツルになり、違和感を感じてしまうでしょう。

また、磨いていくうちに下のカラーベースが出てくることも珍しくありません。

こうなれば再度塗装しなくてはならないため、新たに塗装費用も発生してきます。

1箇所だけの垂れを修復してもらうことは嫌がられますし、数十センチに渡って垂れている場合はチビチビと修復するのではなく、粗いペーパーを使用して研いでいきますので、再塗装前提の修復方法です。

※下記は各パネルごとに発生する塗装相場一覧表です。

参考にしてください。

https://diy-paint.com/%e8%bb%8a%e3%81%ae%e5%a1%97%e8%a3%85%e3%82%92%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%ef%bc%81%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%a7%e7%9b%b4%e3%81%99%e3%81%8b%e3%83%97%e3%83%ad%e3%81%ab%e4%bb%bb%e3%81%9b/

ゴミが多い

  • カラーベースを塗装しているときに付いたゴミなのか
  • クリヤーを塗装しているときに付いたゴミなのか
  • ゴミの色は塗装色に馴染んでいるか

どれも磨けば綺麗にはなりますが、完全には綺麗になりません。

下記で詳しく解説していきます。

カラーベースを塗装しているときに付いたゴミ

このゴミは取れません。

磨きで表面の凹凸は無くなりますが、よく見るとカラーベースにゴミが、付いているのが確認できるでしょう。

このゴミが気になるようであれば、塗装ブース無しの塗装方法では物理的に不可能です。

30万円ほど支払い、綺麗に塗装してもらいましょう。

クリヤーを塗装しているときに付いたゴミ

クリヤー1回目で付いたゴミは、基本的にカラーベースに付いたゴミと思ってください。

クリヤーの膜厚が薄い以上、上塗りした段階でゴミが沈んでしまい、カラーベースまで沈んでしまいます。

2回目以降のクリヤーであればクリヤーの上へ乗っていますので、比較的簡単に取ることは可能です。

全塗装のごみ取り磨きのみを依頼する場合、5万円程度見ておけば問題ないでしょう。

ゴミの色は塗装色に馴染んでいるか

白いボディに黒い糸くずが乗れば目立ちますし、黒いボディに白い糸くずでも目立ちます。

DIYで塗装を行う場合、青空塗装か車庫などの閉鎖された空間で塗装をすることが多いですが、必ずホコリは舞います。

このホコリが色に馴染んでいて、なおかつ妥協できる範囲であればクリヤーに付いたゴミ取りと変わりはありません。

妥協できないほどの色の違いや、大きなゴミの場合は再塗装となりますので、各パネルごとの料金を参考にしてください

https://diy-paint.com/%e8%bb%8a%e3%81%ae%e5%a1%97%e8%a3%85%e3%82%92%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%ef%bc%81%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%a7%e7%9b%b4%e3%81%99%e3%81%8b%e3%83%97%e3%83%ad%e3%81%ab%e4%bb%bb%e3%81%9b/

ガラスに塗料が付着している

マスキング不足でミストが入り込んだ程度の付着ならすぐにでも取れます。

業者に依頼するまでもなく、シリコンオフなどの弱い溶剤をウエスに染み込ませ、ひたすら拭き続けることで徐々に綺麗になっていくでしょう。

しかし、窓枠などの樹脂に付着してしまった塗料を綺麗に取ることは困難で、弱い溶剤で拭くと色が落ちます。

もしくは白くボケてしまい、ボロボロになるでしょう。

新品を購入するか、改めて黒の艶消しを塗装する必要が出てきますので、樹脂類に付着した塗料の具合によって対応しましょう。

仮に1本だけを艶消し黒で塗装するならば、缶スプレーでも良いかと思います。

ガラスに大量の塗料が付着してしまった場合は、スクレーパーなどを使って根気よく取っていきますが、慣れないとガラスに傷が付いてしまいます。

1枚5,000円程度で塗料は取ってもらえるでしょうが、モール類にも大量に付着しているため、追加料金が発生します。

安くて5,000円程度。

ガラスやモール類全てとなれば5万円は超えてしまうでしょう。

よくわからないけどなんか変

よくわかんないですよね。

触ってガサガサじゃなければ、ムラになっているか塗装が透けています。

垂れは目視で簡単に確認できますので、説明の必要はありませんね。

なぜ変なのか、一度プロに相談してみましょう。

まとめ

失敗といってもこれだけ多くの事例があります。

価格も数千円〜50万円と被害によって変わってきますので、それぞれの状況に応じた対応をしていきましょう。