【プロが見積もり】全塗装に掛かる費用を細かく解説〜軽自動車編〜

【プロが見積もり】全塗装に掛かる費用を細かく解説〜軽自動車編〜

全塗装にかかる費用の軽自動車編となります。

軽自動車と言っても、その大きさは様々で、アルトのような小型の軽自動車からn-boxのような背の高いスライドドア付きの軽自動車まであります。

また、ラパンやハスラーなどを中間的なサイズともとれる軽自動車まであります。

塗装方法や塗装色、内側を塗る塗らないと言ったことでも全塗装の費用は変わってきますので、それぞれのタイプ別、塗装方法べつに料金いを解説していきます。

※あくまでも参考価格ですので、紹介する価格よりも高くなることもありますし、安くなることもあります。

鈑金工場の工賃相場は、最低賃金と比例して上下しますので、都心部であればあるほど高くなります。

基準となる全塗装費用

まずは基準となる料金を設定しなければ分かりにくいので、基準を設定しておきましょう。

  • 基準色はソリッドの白
  • 基準サイズは最小サイズの軽自動車
  • 色の塗り替えは無し、同色での全塗装
  • 外側のみの塗装
  • バンパー等の部品類は外さない
  • 磨きなどはしっかりと行い、ゴミの除去も行う

塗装方法は安く、磨きを行うことで綺麗に見える。

安く綺麗にするには最善で最安値の方法です。

この場合の全塗装費用はおよそ10万円〜。

もっと安く見積もりしてもらったぞ!と言う方は、素人騙しの適当塗装なのでご了承ください。

背の低い小型の軽自動車

スズキのアルトやダイハツのミラジーノなどが該当します。

背が低くてドアなどのパネルの面積も小さく、塗料代が抑えられるため、全塗装の費用が安くなることが特徴です。

ソリッドカラーで 10万円程度ですので これが2コートのメタリックやパールマイカになれば15万円程度、3コートパールとなれば20万円程度。

特殊なキャンディー塗装となれば20万円〜となるでしょう。

中型サイズの軽自動車

ラパンやミラジーノ、ワゴンRやムーブといったサイズが該当します。

背の低い軽自動車の全塗装費用に、約1割程度上乗せした金額で全塗装ができます。

背の高いスライドドアタイプの軽自動車

パネル面積が大きく、軽自動車の中で最も高い全塗装費用です。

色の塗り替えになればスライドドアを外さなくてはならないため、通常のドアよりも工賃が高いのが特徴です。

フロントドアやリヤゲートも大きく、普通自動車のコンパクトカーと同等かそれ以上の塗装費用になるでしょう。

部品の脱着や色の塗り替えをする場合の相場

ミラーやベルトモール(ガラスの水切りモール)は外した方がマスキングが簡単なので外す業者が大半です。

なかには安く仕上げるという理由で外さない業者もいますが、どう考えても外した方が楽だと思うんですけどね。

0.3ミリくらいズレるだけで塗料が付着して取れなくなりますし、そんなに気を遣うくらいなら取ってしまえというのが個人的な意見。

バンパーやドアなどを脱着した場合の費用

色替えでもバンパーは外さなくても塗れますが、とてつもなく塗りにくいです。

僕は安上げに関係なく外します。

ここでも安上げなら外さないという人がいますが、絶対に色は透けてます。

塗れるわけがないんですよ、狭いところなんて。

さて、バンパーを外す費用ですが、前後2本で10,000円以下です。

ヘッドライト、テールランプ、ベルトモール、ウェザーストリップ、この辺を全て外して20,000円。

ドアも外せば1枚あたり5,000円といったところでしょうか。

単純に部品を外せば50,000円くらいの費用が発生すると考えてもらって良いです。

色の塗り替えに掛かる費用

同じ色なら外側だけ綺麗に塗装しておけば、新車と見間違えるくらい綺麗なボディになりますが、色替えでは不可能です。

白い車を黒に塗装したのに、ドアを開けたら真っ白なんて、まずやらないでしょう。

部品を外す費用プラス、塗料代と塗装工賃合わせて10万円。

小型の軽自動車でドアが3枚しか無いタイプを、ソリッドへ塗り替えで20万円が最低ラインだと考えてもらえば良いでしょう。

ここから大きさや塗装色に応じて全塗装費用は上がっていきます。

10万円で全塗装をやってもらうなんて到底不可能な話ですので、あまり信じない方が良いです。

新規のお客さんが飛び込みで10万円ではなく、古い付き合いや知り合いなど、とこかにトリックが隠されていますから。

もしくは素人騙しの安上げ塗装となってしまうでしょう。