車の鈑金塗装とは?整備工場との違いは?それぞれのメリットデメリットを学ぼう

車の鈑金塗装とは?整備工場との違いは?それぞれのメリットデメリットを学ぼう

大まかにこの2つを分けるとするならば、鈑金屋さんは外から見えるところの修理。

整備工場は外から見えないところの修理。

事故などを起こし、ドアが開かない場合やバンパーを交換する場合などは鈑金屋さんでの修理。

車検やエンジンなどの整備は基本的には整備工場で行います。

整備工場では鈑金作業はできないの?

鈑金作業を行っている工場も存在してはいますが、圧倒的に数が少ないのが現状です。

例えばディーラー。

展示車両などが置いてある室内で商談や受付を行うスペースのほか、オイル交換などの整備を行うスペースが設けられているのが一般的です。

なかには鈑金塗装工場を内製化しているディーラーもありますが、ごく僅かでしょう。

事故などを起こしてディーラーへ持って行った場合、外注先である町の鈑金工場での修理となります。

鈑金屋さんでは整備はできないの?

整備工場として開業するには様々な資格が必要になるため、鈑金屋さんではごく一部の整備しか行えません。

オイル交換やフィルター交換、ワイパーゴムの交換など、もちろんこの他にも法律上は作業可能なものもありますが、羅列していくにはあまりにも長くなりすぎるため、割愛します。

なかには「モグリ」としてブレーキパッドなどの交換を行っている鈑金工場も存在しています。

自らの車や家族の車、友人の車など、資格が無くても了解の上で行っている作業であれば問題ありませんが、いち仕事として利益が発生している以上、これは完全に違法にあたります。

整備工場には「国土交通省から認可を得た証」として、見えやすい位置に看板を設置することを義務付けられています。

鈑金屋さんでもこのような看板があれば、自動車整備は行なえるという認識で良いでしょう。

整備は整備工場へ。事故は鈑金工場へ。

さきほど、ディーラーでは鈑金作業は外注と明記しました。

外注を行うことで費用面へのデメリットも少なからず存在していますので、簡単に説明していきます。

事故を起こし、見積もり金額が10万円だと仮定しましょう。

ディーラーへ支払われる金額は10万円ですが、そこから鈑金工場への支払いも行わなければなりません。

ディーラーも無料で外注先へ仕事を提供することはできませんので、手数料という名目の中間マージンが必ず発生してきます。

ほとんどの場合で20%程度の手数料が発生しますので、ディーラーが受けとる額は2万円。

鈑金工場が受け取る額は8万円となります。

しかし、ディーラーではなく鈑金工場へ持って言った場合はどう転ぶでしょうか?

中間マージンが発生しない修理方法を選ぼう

直接鈑金工場へ修理を依頼した場合、見積もり金額はさきほどと同様に10万円と提示されるでしょう。

しかし、少しでも安く修理したいという考えがあるならば、それは保険を使用せずに修理を行いたいのでしょう。

鈑金工場ではこのような相談にも応じて貰えるところが多く、現金での支払いの場合、20%引きで修理をしてもらえる工場も少なくありません。

鈑金工場の儲けが減ると考えるのが一般的ではありますが、ディーラーからの外注では、修理したお客さんが次回からは外注先で修理を行うという結論に達することは宝くじが当たるようなものです。

外注損失の20%よりも、次に繋がる20%の損失によるメリットの方がはるかに大きいです。

しっかりと事前に打ち合わせを行い、双方が納得するレベルで修理を行えるのが鈑金工場を利用するメリットでしょう。

ディーラーなどでは、車を預け綺麗になると引き取りに行き、支払いを済ませるだけで作業は完了してしまいます。

それぞれの用途に応じた修理工場と繋がっておくことで、様々なメリットが発生するでしょう。