プロにお願いすると高額なヘッドライト磨き。実はDIYでも簡単に磨ける

プロにお願いすると高額なヘッドライト磨き。実はDIYでも簡単に磨ける

DIYでも簡単にできる方法として、ウエスとコンパウンドさえあればヘッドライトは綺麗にできます。

もちろん、こだわり続けて常に輝きを求めるならポリッシャーの使用やクリアの再塗装などが必要になってきますが、まずは自分でできるところまでやってみて、満足のいく結果ならそれで問題ないでしょう。

その後に改めて業者に出すなり、DIYのスキルアップとして次なる工程へチャレンジしてみるのも一つの方法です。

この記事以外にも、ヘッドライトに関する記事はありますので、注意点や使ってはいけないものなど、参考にしていきましょう。

【プロの施工方法】ヘッドライトの磨きをポリッシャーで行う手順と注意点

コンパウンドは#3000相当で十分

#3000のコンパウンドは、磨いているという感覚にはなりにくいですが、そこをぐっとこらえて磨き続けましょう。

#1200程度のコンパウンドは、磨いた際にシャリシャリと音が鳴り、正しく磨いていると言う感覚ですが、これでは粗すぎます。

ヘッドライトのクリア層に深い傷が付いてしまい、最悪クリアが剥がれ落ちてしまうでしょう。

 

さらに、コンパウンド磨きでのクリア剥がれは、目に見えづらく気付かぬうちに剥がれているものです。

ペリペリと剥がれるなら目にも見えやすいですが、クリアを磨いていくと徐々にに薄くなっていき、0.01mm単位でクリア層を削っていきますので、下地が出てもほとんど気付くことはありません。

粗いコンパウンドは絶対に使用せずに、細かいコンパウンドで時間をかけて行いましょう。

ウエスはTシャツの切れ端で代用可能

磨き専用ウエス!!などという商品もありますが、ヘッドライトの磨き程度では違いはほとんどわからないでしょう。

業務用のウエスは、Tシャツの切れ端を集めて商品にしているので、プロと同じ物を使っていると言っても過言ではありません。

1つ注意点を挙げるとすれば、Tシャツのタグやプリント部は避けて使用することです。

 

この2点は生地のように柔らかい素材ではないため、ヘッドライトに傷がついてしまいますし、水分を吸収する材質でもありません。

コンパウンドは固いながらもある程度の水分を含んでいますので、ウエスにコンパウンドがキュされることで余分な水分を吸収し、研磨性能が向上します。

黄ばみには耐水ペーパーを使うことも

ここで注意しなければならないのは、粗いペーパーを使ってしまうと取り返しがつかなくなることです。

#2000の耐水ペーパーで十分ですので、なるべく多くの水を使って力を入れずに撫でる程度の関しでペーパーを当てていきましょう。

仮に#320や#400の耐水ペーパーを使うとしましょう。

 

コンパウンドでは消しきれないほどの傷になるうえ、クリア層も一瞬にして剥がれ落ちてしまいます。

新たにクリアを塗装しなければ、数週間のうちに黄ばんでしまい、ヘッドライトの熱で黄ばみが焼き付いてしまいます。

こうなれば最悪、交換しなければ修復不可能となる場合もありますので、必ず細かい番手の耐水ペーパーを使用しましょう。

コンパウンドで磨いたあとは簡単なワックスでコーティング

固形ワックスでも液体ワックスでもかまいません。

コンパウンドで磨いたあとには目に見えない無数の傷がついています。

この傷に汚れが入り込み黄ばみの原因となってしまいますので、ワックスを施行することでごく薄いクリア層の役目となり、ヘッドライトを保護してくれます。

ピカールなどの簡易的なものでも十分ですが、ワックスの耐久性に応じて都度施行するようにしましょう。

まとめ

ヘッドライトの磨きはこれだけでできてしまいます。

難しいものではなく力を必要としないので、女性でも子供でも比較的簡単にできるのが特徴です。

DIYで来る間を綺麗にしたいけど、洗車以外はやったことがないという人でも、ヘッドライト磨きはDIYの入り口です。

失敗することもまずありませんし、トライしてみると良いでしょう。

ヘッドライトの磨きでCRCなどの潤滑油を使用するとクリアが溶けてしまう恐れがある!