【板金塗装屋が見積もり】アンダーコートの値段を施工方法別に徹底解説

NO IMAGE

アンダーコートは自分でも簡単に施行可能なので、缶スプレーを使ってDIYで行う人も多いです。

車検の際に業者に丸投げする人もいれば、施行を隣で見る人、マスキングを徹底させる人など様々です。

それぞれの施行方法のメリットやデメリット、施行方法が変われば何が違うのかなどについて詳しく解説していきます。

アンダーコートの必要性

錆対策だろ?知ってるわい!

という方でもおさらい程度には読んでもらえると助かります。

最も錆が出やすい箇所はリヤタイヤ上のアーチ部分でしょう。

手で触ると分かりますが、鉄板の裏側が折り返しになっていて水が溜まりやすくなっています。

このような水が溜まりやすい部分が最も錆びやすく、手入れを怠れば新車から3年程度で鉄板に穴が開いてしまうでしょう。

一般的な整備工場での料金

  • 下回り洗浄 3,000円
  • アンダーコート施行 3,000円

一般的な整備工場でお願いするとこれくらいの価格です。

車をリフトで上げてマスキングなどを行わずに塗装していきますので、ボディに飛び散ることも少なくありません。

都心部ではしっかりとマスキングを行ってクレーム防止に努めていますが、地方では未だにそのまま塗装してしまいます。

アンダーコートがボディに付着するデメリットは美観を損なう程度のもので、塗装にダメージをあたえるわけではありません。

時間は掛かりますが、アルコールなどでも除去できるので、気になるようであれば除去しましょう。

マスキングを行った場合の料金

10,000円程度です。

車検などの見積もりに「下回り塗装」などの項目があると思いますが、この料金が10,000円程度であればマスキングを行っていると考えて良いでしょう。

しかし、ディーラーなどの高額と言われている店舗ではこの限りではなく、アンダーコートを外注に塗装させているところもあります。

敷地内で整備士と違う制服を着ていれば間違いないでしょう。

ちなみに外注先の手取りは3,000円ほどです。

塗装ブースでアンダーコートを施行する場合

まずありえないでしょう。

わざわざ塗装ブースを使ってまでやる作業では無いというのが一般的な認識です。

しかし、アンダーコートではなく下回りの塗装を行うことは多くあります。

一般道を走っていればすぐに泥だらけになってしまいますので、防錆の面ではあまり効果的ではありませんが、イベント出展などで下回りを綺麗に魅せるために行われることがあります。

アンダーコートではなく自動車用の塗料を使用しますので、艶が出て綺麗に見える反面、塗料が硬化して割れやすくなってしまうデメリットがあります。

アンダーコートにはアンダーコート専用塗料を使用し、確実に錆を防止していきましょう。