【プロが見積もり】車のバンパーをぶつけた!修理に掛かる費用を車種ごとに分析

NO IMAGE

車のバンパーをぶつけてしまった際に発生する費用を数値化して分かりやすく解説しています。

バンパーをぶつけてしまう事例は多く、さほど高価でないことからも保険修理ではなく現金修理とされる人が大半でしょう。

ここを読むだけで簡単な見積もりは作成出来ると思ってください。

バンパーを交換するか修理するか

傷の程度によっては交換を余儀なくされることもありますが、ほとんどの場合は修理で対応可能です。

バンパーが破れていても修理は可能ですが、修理に要する時間を加味すれば交換の方が安く済むことも少なくありません。

同じ傷や損傷は2つとしてありませんので、傷の修理は1万!と決定付けることは不可能です。

なお、バンパーの修理と言っても、色や修理方法によっても金額は異なりますので、後ほど詳しく解説します。

軽自動車のバンパーを交換する

軽自動車のバンパーは、他車種に比べて比較的小さいのが特徴です。

バンパーやドアなどの部品は、小さければ小さいほど安くなりますので、軽自動車のバンパーを新品交換、工賃込みで3万円程度で済む場合が多いでしょう。

しかし最近の軽自動車では、安全性の配慮からフロントバンパーが巨大化する傾向にあるため、車種によっては40,000円程度になるものもあります。

修理予定の車が軽自動車の中で大きなバンパーであるかを比較してみましょう。

およそ、30,000円〜40,000程度の金額となるでしょう。

小型車のバンパーを交換する

軽自動車とほとんど同じです。

普通自動車枠であることから、横幅が少しだけ広くなって入る程度ですので、金額の誤差も1,000円程度のものでしょう。

軽自動車の豪華なフロントバンパーと比較すると、小型車の外装はチープですから、部品の脱着工賃で小型車のバンパー交換の方が安くなることも考えられるでしょう。

小型車のバンパー交換も

30,000円〜40,000円程度になります。

ステーションワゴンからミニバンサイズのバンパーを交換する

カローラフィールダーやボクシィ、ノアなどまでの車種になります。

車種を全て挙げてしまうと、とてつもない文字数になってしまいますので割愛しますね。

リヤバンパーが40,000円程度〜。

フロントバンパーが50,000円程度〜です。

カローラフィールダーの低グレード車種と、ミニバンの上級グレードを比較すると大きな差が生まれますので、まずは修理予定の車種がどのような位置付けであるか確認しましょう。

  • 商用車タイプの低グレードなのか
  • ファミリー向けの安価なミニバンなのか
  • カスタムされているような派手なミニバンなのか

下に行くに連れてバンパーの価格も上がっていきます。

高い部類のフロントバンパーで70,000円程度となりますので、大きな価格差があると言えるでしょう。

このタイプのバンパー交換

  • 安くても40,000円〜
  • 高くて70,000円前後

高級ミニバンや高級セダン

ベルファイアやクラウンクラスの車です。

フロントバンパーは100,000万円程度。

リヤバンパーは80,000円程度です。

バンパーのサイズも大きく、なおかつ高級車ですから必然と価格も高くなってしまいます。

さらに、バンパーに付属されている各部品も高くなるため、損傷具合によっては数万円以上高くなることが予想されます。

高級車は全ての部品において高価ですから、修理可能であれば修理した方が確実に安く済むでしょう。

塗装方法による価格の変化

簡単な塗装ほど安いですし、難しい塗装や高価な塗料を使っている塗装は修理費用は高くなります。

仮に、スズキアルトの商用車バンをマツダのキャンディレッドで塗装した場合、塗装だけでも40,000円以上は欲しいところです。

レクサスのLS600hを商用車バンの白と同じ方法で塗装すれば、塗装費用は25,000円程度です。

このように、塗装方法によっても大きな画像変化があることが見て取れますね。

最も安い塗装方法

商用車バンなどに採用情報されている白です。

いわゆるソリッドの1コートですので、耐候性が低く、劣化しやすい特徴があります。

数ヶ月〜数年で艶がなくなり、見た目にも良いとは言えない塗装方法です。

クリアコートを省略することで価格を下げていますので、塗装直後には綺麗ですが塗装自体は長持ちしません。

メタリックやマイカなどの塗装

先ほどの1コートソリッドを「1」とした場合、この塗装方法は1.4倍になります。

1コートソリッドでバンパー塗装費用が20,000円だった場合

20,000×1.4=28,000

となりますので、塗装費用だけで28,000円かかるという計算です。

現在の自動車の塗装は、8割以上がこの塗装方法ですので、大半の車種はこの計算方法になるでしょう。

3コートパール、キャンディカラーの塗装

キラキラした白や、高級車の一部の青やオレンジなどで採用されています。

軽自動車でも白色は3コートを採用している車種がほとんどですので、想像以上に高くなることがあります。

この場合の塗装費用は1.7倍です。

20,000×1.7=34,000

もうほとんど2倍近い塗装料金になっていますよね。

それだけ高級な塗装で手間がかかっていると言うことです。

一部の超高額塗装

純正カラーでも存在しています。

デミオなどに採用されているソウルレッドクリスタルメタリックです。

一度、軽トラックをこの色に全塗装して欲しいという依頼があり、塗料メーカーに必要量を問い合わせたところ、2.5kgで80,000円でした。

ホワイトは16kgで20,000円程度ですので、いかに高価な塗料か分かってもらえると思います。

バンパーを自分で直すと言う選択肢もある

必要な材料と正しい手順で作業を進めていけば、難しいことはありません。

多少の慣れは必要ですが、全塗装するわけでもないので、失敗してもすぐにやり直せます。

下記にバンパーの修理方法を画像付きで解説していますので、参考にしてください。

https://diy-paint.com/archives/130

https://diy-paint.com/archives/158

https://diy-paint.com/archives/357