【プロが教えます】車の修理を分割で支払える方法

NO IMAGE

高額な修理になると、一括で支払うことが難しい場合も多いでしょう。

分割で支払えるなら修理をしたいけど、一括の支払いは不可能に近い。

実際に、何度か分割で修理を依頼されたこともあります。

もちろん断ることもありますし、受け入れることもあります。

どのような場合に受け入れられて、どのような場合に受け入れられないのでしょうか?

馴染みのお店なら分割で修理することは可能

まだまだこの業界には、いわゆる「ツケ」というシステムが残っています。

このツケを利用できるお店なのか利用できないお店なのかによって、分割の支払いが可能かどうかは変わってきます。

車検やオイル交換、板金塗装など、日頃から車のメンテナンスを行っているお店であれば、分割の支払いを受け入れてくれる可能性は非常に高いです。

しかし、分割と言ってもあまりに無謀な分割や一見さんなどはお断りする場合もありますので、分割支払いが不可能な例を挙げていきます。

ディーラーでの分割支払いは絶対に不可能

修理完了後にお金がありませんと言えば、裁判になるか誓約書を書かされるだけですので、不可能ではありませんが現実的ではありませんね。

間違いなく出入り禁止になるでしょうし。

修理の相談で来店し、その際に分割の相談をしても受け入れてもらえないです。

ディーラーはマニュアル通りに物事を遂行するだけのロボットのような人間ですから、まず融通が効かないです。

分割で支払えないし、料金も高いとされている。

分割で支払いたいのに、ディーラーを利用する価値はゼロと言っても過言では無いでしょう。

※下記に修理の際にディーラーを使うことのデメリットを詳しく解説しています。

https://diy-paint.com/archives/94

必ず事前に相談するべき

ディーラーの件と同じく、修理完了後に分割の相談をしても信用を失うだけです。

民間の工場は、少数精鋭の限られた人材、限られた資本の中で日々やりくりしています。

裁判を起こす手間も時間も惜しいですから、大事になるようなことはありませんが、出入り禁止となってもおかしくないでしょう。

考えてもみてください。

会えば話す程度の知人に何かを依頼されて、その報酬として金銭を支払う。

納品後にお金が無いと言えば関係が悪化するのは目に見えています。

まずは見積もりを作成し、その中から払える金額を提示します。

その後に何回払い、いつまで、毎月の締め日を決めて相談しましょう。

5割程度の前払いがあれば安心

親族などで、こちらの金銭事情などを良く知っている間柄てあれば全てを分割にする相談を受け入れてくれる可能性はありますが、ほとんどの場合は他人です。

馴染みのお客さんだからと言って、突然全ての金額を分割で支払うというのは納得がいかないものです。

5割ではなくとも、最低限支払える金額を提示することで相手にも安心感は生まれてきます。

数日程度であれば全てを分割で支払える可能性もある

仮に10万円の修理を4月1日に相談したとします。

4月5日に入庫し、4月10日に修理完了予定。

しかし、現在の手持ちは少なく、20日になるまで手持ちが増える予定はありません。

20日に5万円を支払い、翌月の5月20日に残りの5万円を支払う。

このような段取りでいけば、ほぼ間違いなく分割で対応できます。

自宅の住所や勤務先、実家の住所などが必要になる場合も

民間工場は裁判を起こさないと言いましたが、やはり安心感や信頼性は大切です。

修理工場が求めてこなくても、こちらから「万が一の事も考えて、全て記載しておきました」と言うようなメモを渡すだけでも分割で対応してもらえる可能性は爆発的に上がるでしょう。

まとめ

とにかく、「信用」「信頼」です。

この2つがあれば分割で支払うことも難しくはないです。

そして、ディーラーは使わないこと。

民間の板金工場にとって良いお客さんというのは、修理を依頼してくれた人。

整備工場は車検を依頼してくれた人。

ディーラーは新車を買った人。

さらにディーラーは、新車を買い続けなければ上客ではありません。

車検は義務ですから、定期的に受けなければいけません。それだけで良いお客さんとなれるのです。

車をぶつけて修理をお願いするだけで良いお客さんです。

どちらが簡単に馴染みのお店となれるでしょうか?

今からでも遅くはありません。

馴染みのお店を作り、自分にとって有利な生活にしていきましょう。