【twitterで2000RT超え】車のエアコンに断熱材を巻くだけで温度が下がって快適に!!

【twitterで2000RT超え】車のエアコンに断熱材を巻くだけで温度が下がって快適に!!

春から夏にかけて暑い日にエアコンのスイッチを入れてもなかなか冷えないことがありますよね。

ガスの補充だけで冷えてくれれば良いのですが、車種によってはエンジンやエアコンの取り回し上、冷えが弱くなることがあります。

これを解決する方法がtwitterで話題になり、なおかつエアコンのプロも推奨している方法です。

DIYでもホームセンターで数百円程度で揃えられるというのですから、試して見る価値はあるでしょう。

施工方法

https://twitter.com/daisukikuruma/status/1003861629971206144?s=19

これだけです。

エアコンの配管に巻くだけで。

このツイートだけでも十分価値のあるものでしたが、さらに素晴らしい引用ツイートが

こちら

https://twitter.com/s0e0e0e0e0e/status/1004331014208905216?s=19

さらに

引用元のリプライに複数見受けられる内容ですが、冬場にコンプレッサーを(冷暖関係なく)起動させてもコンプレッサーに対して過負荷にはならないんでしょうか。

その懸念さえ払しょくできるのなら非常に興味のある施工内容です。

という質問に対して

コメントありがとうございます

コンプレッサの過負荷は高外気温時の懸念であり、低温時の懸念はエバ凍結と液圧縮です

エバ凍結は通常運転時にもエバ温により制御しており、問題ありません

心配は冷媒が蒸発しきる前にコンプレッサに到達することで発生する液圧縮で、低圧配管の温度が下がることで発生の恐れは高まります

これはサイクルの設計で大きく異なるため一概には言えず、僕の経験論ですが、カーエアコンでエバ凍結せず冷媒が蒸発しきらない程度の冷媒流量にはならないと予想します

素晴らしい解答ですね。

さすがエアコンのプロです。

他の方の質問も。

やっぱり水道用とかが良いのですか

解答

水道用にこだわる必要はありません。
ただ、手軽に入手できる配管用の断熱材は、水道用のものでしょう。

やはり的確。

簡単に入手できるもので効率良くエアコンを冷却できるのですね。

なるほど!

私も、なんか余った断絶材?を巻いてるのですがそんな効果体感できてなくて

写真付きで質問をしています。

これに対する解答。

お写真ありがとうございます
断熱材が薄いように見えます
冷房を最大にした時に断熱材を握ってみて冷たく感じたら、断熱はできていません。

低圧配管は全長巻いていますか?
冷媒の受熱を抑えるのが狙いです
排気管など高熱物に近いところがより効果的です、その際は耐火性の材料を選んでください

冷却に必要な道具

https://twitter.com/daisukikuruma/status/861448593407750144?s=19

材料
・水道管の保温材。3枚目(人によってはエアコン用使う2枚目)
・タイラップ(結束バンド)
・好みによって、アルミテープやビニルテープを用意

施工方法
ボンレスハムみたいに結束バンドで締め上げます。余った箇所はカットで。テープ使ってオシャレもOK

簡単すぎやしませんか?

施工時の注意点

低圧配管のみ施工してください
コンプレッサからコンデンサまでは冷媒温度が雰囲気温度より高く、断熱すると冷媒が放熱できず能力はむしろ悪化します
レシーバからエキパンまではコンデンサの能力によりますが、多くの場合同様の理由で断熱は不要です

専門用語ばかりですが、低圧配管は「L」と表記されたパイプ。

高圧側は「H」と表記されています。

HiとLowですね。

しかしこの程度でここまで冷えるとは驚きです。

なぜメーカーははじめからやらないのでしょうか?

ガス交換工賃を稼ぐため?

そんなことは考えたくもありませんが、効果は大きいですので、一度チャレンジしてみましょう。