DIY-paint

1/4ページ

ボカシ塗装

パネル一枚全てに色を吹き付けるのではなく、補修箇所から周りの旧塗膜へ徐々に塗料を薄く吹き付けてボカシていく技術。 メタリックやパール塗装では必須。 調色で色が近ければ近いほどボカシの範囲は狭くなり、色が違えばボカシの範囲は広くなる。

フェザーエッジ

旧塗膜の研磨で出来る段差をなだらかにするために行う手法。 鳥の羽のように根本から徐々に薄くなっていくため、フェザーエッジと呼ばれている。

ヘアクラック

塗装の最上層にのみ現れる、髪の毛のように細い亀裂。 クラックの形は不規則で、ゲリラ豪雨のように発生する箇所を特定することは難しい。

フェンダー

自動車のタイヤを覆っている部品名。 フロント側はフロントフェンダー。 リヤ側はリヤフェンダーと呼ばれるが、板金塗装工場ではリヤ側を「クォーターパネル」と呼ぶ。

ブリスター

塗膜内部に異物が入り込み、塗装が剥がれてしまう現象。 主に水分や油分が塗膜内部に残ったまま塗装し、そのままの状態で硬化してしまうことで発生する。 このため、表面の脱脂や水分の除去は徹底的に行わなければならない。

プライマー

液体状の糊。 主に純正バンパーなどの密着性の悪い部材に対して使用され、防錆効果のあるプライマーも存在している。

パテ痩せ

塗料と同じようにパテも有機溶剤を含んでいるため、乾燥すれば徐々に痩せていく。 パテが厚ければ厚いほど痩せも大きくなるため、なるべく少ない量のパテで済ませることが綺麗な板金を行う秘訣。

パテ

ポリエステル樹脂の充填材。 板金工場では主に 大きなヘコミ用に厚付けパテ。 慣らし用として板金パテ。 仕上げ用にポリパテ。 巣穴を埋めるラッカーパテと使い分けている。

ハンマリング

板金作業の一環で、ハンマーを使って鉄板をタイらにしていく作業。 裏側に当て板、表側をハンマーで叩きながら慣らしていく。 スタッド溶接機などを使う場合は、当て板を使わないのでハンマリングと呼ぶことは少ない。

ハイレフコート

マツダが一部高級車両に導入している新しい塗装方法。 匠塗。 塗料は厚塗りすることで垂れてしまうが、その一方で艶は良くなる。 垂れずに艶が出るよう改良を重ね、さらに車両を回転させながら塗装を行い、焼き付けていくことでより厚塗りが出来るようになった。 これにより、従来の塗装とは異なり見る角度によって様々な色の変化が起き、高級感が向上した。

1 4